一流の講師が叡智を伝承!未来を変える孤高の学びを

講師プロフィール


  • 講演
  • 企業顧問

難題歓迎!産学官金連携新規事業プロデュース&売上向上のプロ軍団

岩井 利仁

自己PR
霞が関、大企業、国立大学(山形大学含む)の幹部紹介と、大手企業との実績構築までの事業プロデュースとプロマネ実績に定評あり!
専門分野
■ 経営/マネジメント ■ 起業/独立開業 ■ 人材育成/企業研修 ■ 中小企業/ベンチャー経営 ■ 新規事業
プロフィール詳細
  • <略歴>
    1981年:(22歳)松下電器産業(現パナソニック)入社。
    1981年:FAX、OA機器営業として、中部支店、販売会社出向
    1989年:システム営業本部(東京)異動、パソコンの全国営業戦略
     立案推進
    1993年:(34歳) 社内ベンチャー制度が無かった時代に、自らが制度を
     創り、経営者(ソフト&LAN推進センター)に。
    2000年:本社にて、世界初の放送と通信の融合サービス『ep』社の
     事務局長
    2004年:本社パナソニックスピンアップファンド(資金150億円)の
     ファンドマネジャー、企画運営、創業支援と、社内ベンチャー20社の
     実務支援育成、経営悪化会社の経営再建達成)
    2007年:松下電器東京支社 渉外担当:経済産業省、総務省、国交省、
     経団連、業界団体等担当。 
    ・世界初の光回線を使ったハイビジョンVODサービス『アクトビラ社』 設立前の『事業性検討WG局長』
    ・『藤沢サスティナブルスマートタウン渉外責任者』スマートタウン、
     エコソリューションビジネスを創出
    ・NTTグループ(持株、NTT東/西、ドコモ、コム、データの研究
     部門と事業部門)とパナソニックグループのコーポレイト連携の総括
    2014年12月31日:早期定年退職制度を活用しパナソニックを円満退職
    2015年1月6日:経営パワー株式会社設立、代表取締役社長
    2015年3月:中小企業診断士登録
    2015年11月★農林水産省本庁「知の集積と活用の場(準備会)」モデレーター&ファシリテーター
    2016年4月★農林水産省本庁「知の集積と活用の場」公認プロデューサー
    2016年5月★国立大学法人 山形大学 産学連携教授(兼任)

    <直接取引先>(一部抜粋)
    日本電信電話(研究所)、NTTアドバンステクノロジー(株)、東急不動産(株)、パナソニックグループ、ピーディーシー(株)、アクティブリンク(株)、国立山形大学、他

    <所属団体>
    ★農林水産省本庁「知の集積と活用の場」公認プロデューサー
    ★国立大学法人 山形大学 産学連携教授
    ・元日本経団連 『起業創造委員会WG』
    ・経済産業省『ベンチャー創造協議会』、
    ・国立研究開発法人NEDO 『オープンイノベーション協議会』
    ・『シニアベンチャー起こそう会 副会長』
    ・中小企業診断士協会中央支部
    ・東京商工会議所千代田支部
著書・所有資格
  • ■中小企業診断士