一流の講師が叡智を伝承!未来を変える孤高の学びを

講師プロフィール


  • 企業顧問

食品製造業の工場、品質管理、品質保証、生産管理のエキスパート

緒方 正泰

自己PR
これまで、生産部長、工場長として現場で現物の現実を、自分で確認し問題に取り組む(3現主義)をモットーとして、工場現場と共に生産性向上、品質管理、生産管理に取り組んできました。
専門分野
■ 経営/マネジメント ■ 営業/販路開拓 ■ 製造/生産
略歴
  • 鳥取大学 農学部(農芸化学科)
    大手飲料メーカー(工場品質管理課)副部長
    外資系食品メーカー 執行役員
プロフィール詳細
  • 鳥取大学農芸化学科を卒業後、飲料メーカーへ入社し、品質管理、生産管理、工場経営を約24年経験しました。その後、子会社に出向し、工場長としてヨーグルト製造工場の経営、生産部門の執行役員などを約11年間務めました。

    出向先と親会社の提携解消に伴い親会社へ復職し監査役スタッフ業務を2年経験し、定年を迎えました。

    定年退職後も嘱託で監査役スタッフとして2年間働き、契約満了で平成23年3月末退職しました。 同年6月、外資系メーカーより製造アドバザイザーの誘いを受け、委託製造の検討、酪農関係のアドバイス、BCP(事業継続計画)作成のアドバイスなどを1.5年実施しました。

    健康な間は、今までの経験を活かし食品製造のアドバイザーとして、中小食品メーカーの顧問職に就きたいと考えております。

    これまで、生産部長、工場長として現場で現物の現実を、自分で確認し問題に取り組む(3現主義)をモットーとして、工場現場と共に生産性向上、品質管理、生産管理に取り組んできました。

    特に新工場,新ラインの生産立ち上げ、工場閉鎖を数多く経験しトラブル対応力、コミュニケーション力を身に着けてきました。特にチルド乳製品の生産技術、微生物制御について深く経験しました。

    会社生活の総仕上げとして、子会社の執行役員生産部長として外資企業の経営について学び、また、定年前後の監査役スタッフとして技術、財務・総務・人事・労務、営業、マーケティング(事業)全般の監査を補佐してきたことで会社経営全般を学んできました。