一流の講師が叡智を伝承!未来を変える孤高の学びを

講師プロフィール


  • 企業研修
  • 講演
  • 企業顧問

医療労務コンサルタント(日本社会保険労務士会連合会認定)

菅田 芳恵

現在は、ワークライフバランスの実現のための人事労務の見直し、ハラスメント対策やメンタルヘルス対策、法改正による就業規則等の見直し、助成金の活用、さらには社員研修、そして法人の保険加入の見直し、資産運用等幅広く活動しています。

特に医療法人、介護施設、福祉法人様には、人事労務管理としてモチベーションアップ、メンタルヘルス対策だけではなく、職員のクレーム対応力の向上、ホスピタリティあふれるマナーの実践等、利用者及び利用者家族様に喜ばれる指導等も行っております。

特定社会保険労務士、ファイナンシャルプランナー(CFP)、キャリアコンサルタント(CDA)、産業カウンセラーとして様々な業務に対応いたします。

1.経営戦力としてのワークライフバランスの推進コンサルティング
 ワークライフバランスの推進とは、ただ両立支援策を制度化するだけではありません。従業員に推進の意義を周知することによって業務の効率化を図り、マルチ担当制で休んでも仕事が回るように工夫する必要があるのです。そうすることにより、業績もアップすることにつながります。

2.コンプライアンスを考えての就業規則・各種規程の見直し
 古いままの就業規則や規程ではありませんか?労働法はめまぐるしく変わっています。従業員が介護休業を知らなくてとれず、ヘルパーを雇った費用を会社に請求して認められた案件もでています。従業員が知らなくても法律で認められたものは権利があります。
 つまり、会社のリスク管理として法改正にはきちんと対応してその都度従業員に周知することが必要不可欠なのです。

3.セクハラ・パワハラ対策
 知らない間に、部下からパワハラで訴えられる管理職が後を絶ちません。それを防ぐための従業員向け研修、管理職向け研修の講師や企業の責任を軽減するための規程作りをします。

4.メンタルヘルス対策&カウンセリング
 現在メンタル不調で会社を休業している従業員が急増しています。ちょっと気に入らない上司の言動や、希望する職場でない場合等あれこれ言いたてて診断書を提出して休業するという従業員もいます。対策としては、メンタルに関する研修、そして相談窓口の設置です。さらに就業規則の休業規程の見直しが急務です。

5.残業を見直して業務の効率化を図るコンサルティング
従業員にサービス残業をさせることは、企業にとってリスクとなります。そこでダラダラと仕事をさせるのではなく、業務を見直してムダな仕事を削減して業務の効率化を図りましょう。どのように効率化を図るべきかコンサルティングします。

6.労働トラブル解決へのサポート
特定社労士として、労働トラブルでは弁護士のように代理を務めることができます。最近多い従業員からの未払い残業やメンタル不調の相談は、企業にとって大きなリスクです。訴えられる前に、きちんと話しあいを持ちましょう。第3者が入ることで解決を早くすることができます。

7.従業員のキャリア形成支援
キャリアコンサルタント(CDA)として従業員のキャリア形成に関する研修講師やカウンセリングをします。

8.助成金活用アドバイス
企業に合った活用できる助成金をアドバイスします。

9.自治体のプロポーザル案件の提案書作成
各自治体が出しているプロポーザル(企画提案)の案件に対して、企画書を作成します。
実績が数多くありますので、内容等もアドバイスします。

10.従業員、管理職対象の研修講師
ハラスメント研修、メンタルヘルス研修、モチベーションアップ研修、アサーション研修、傾聴研修、ワークアライフバランス、ライフプラン研修、キャリアデザイン研修等様々な研修を企画し講師を務めます。

12.顧客向け講演会の講師
 住宅セミナー、心理学から学ぶ賢い消費、これからの資産運用、これからの介護保険、
 夢を叶えよう、豊かなセカンドライフを目指して、身近な税金、金融商品の基礎等

13.資産運用

14.保険の見直し

15.顧客向けのメルマガや会報誌の執筆
様々な角度から書くことができます。日本経済新聞や中日新聞、三菱UFJ信託銀行、月刊総務、近代中小企業、金融財政事業研究会、au、や各企業の会報誌等の実績があり、ご希望のテーマで書きます。

顧問条件

就業形態
週1回以上
就業開始可能日
即日対応可能
顧問金額の目安
料金非公開(応相談)
対応可能地域
日本全国